老犬に寄り添って生きる

CATEGORY

ARTICLE

CALENDAR

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ハーネスで犬の歩行補助

犬の介護用品には、歩行補助のための道具があります。ハーネスと呼ばれるもので、これを犬の体に取り付けて、体を持ち上げて歩きやすくサポートすることができるのです。歩行補助は、犬がどの部分が弱いのかによって使う種類が異なります。前足用、後足用、胴着が主な物です。
前足用は、前足の筋力が弱くなった時や、病気などでお腹を圧迫できない時に使用します。前足側に取り付け、犬の肩のあたりにあるベルトを持って支えます。
後足用は、後足の筋力が弱いときに使用します。胴着は、体全体を支えることができ、ベルトの使い方で前足の支え方や後ろ足の支え方のバランスを調整することができます。
歩行補助を人間が直接犬の体を持って行うのはとても大変です。大型犬になると体重もあるので、ずっとしてあげることは難しいです。歩行補助用品を使用することで、介護にかかる負担は軽くなり、犬も自分で歩けることで自信を持てるというメリットもあります。また、歩くことが困難になって犬がつらいのはトイレができないことかもしれません。歩行補助のハーネスがあることで、後足にかかる体重を支えることもできます。
歩行補助ハーネスは種類も豊富ですが、デザインも豊富です。愛犬に似合うものを選ぶのも楽しみのひとつになります。犬用の介護用品はハーネス以外にも様々あるので、ペット用品販売店で老犬用の介護用品をチェックしてみて下さい。

末永く愛犬と一緒に暮らす

最近は一人暮らしでも犬を飼う方が増えてきていますよね。犬は立派な家族の一員だと思われる方も多いのではないでしょうか。そんな犬もいつまでも若くて元気でいられるわけではありません。人間と同じように年を重ねていけば介護が必要になってくる犬もいることは現実の話です。では犬の介護に利用する用品にはどのようなものがあるのでしょうか。実は人間と同じようなものが多いのです。例えば犬を運ぶためのカートはその一つです。これを利用すれば、もう自分の力だけでは歩けなくなってしまった犬でも一緒に散歩をして外の空気を吸わせてあげることが出来ますよね。他には犬用のウェアがあります。一時期、犬に服を着せるのが流行していましたが介護の用品ともなればただ可愛いだけではありません。背中にポケットが付いていてカイロを入れられるようになっていたり、足の部分にクッションが付いていたりと優しい構造になっているのが特徴です。また犬用のオムツやおもらしを防止するための防水タオル、抱っこひももあります。他にも水や食事を与えるための注射器のようなグッズなど様々なものがあるのです。介護が必要になってしまった犬と一緒に暮らしていくには、このようなグッズを利用することで暮らしを助けてくれるでしょう。

POST LIST

2017年10月18日
介護用品の使い方や選び方を更新しました。
2017年10月18日
歩行補助器具と介護用品のレンタルを更新しました。
2017年10月18日
犬のストレスを和らげるを更新しました。
2017年10月18日
老犬に寄り添って生きるを更新しました。